• theritzyotsubashi

目元を優しく癒すハーブ湿布のつくり方


こんにちは!心斎橋脱毛サロンToRerunです!

パソコンやスマートフォンを使う機会が多い時代。

気をつけていても目が疲れてしまうことが多いですよね。

そんな時にもハーブ が活躍!  コツさえつかめば、お金をかけずにカンタンに自宅ケアが可能。

疲れ目を優しく癒し、目元をスッキリさせてくれる、ハーブ湿布をご紹介します。

疲れ目は冷やす?温める?

アーユルヴェーダでは首から上は温めてはいけない場所とされています。

特に目は、「ピッタ」と呼ばれる火の要素を持っているからです。

熱を溜めやすい部分だとも考えられており、火の要素をさらに温めてしまうと、

不調の原因になるといわれています。

そのため目が熱いと感じたり、充血やかゆみ、痛みを感じる時は、

目を冷やしてあげるのがオススメです。

ハーブ冷湿布の作り方

<準備するもの>

・ドライハーブ・・・3g

使用するハーブは「ジャーマンカモミール」がおすすめです。

ジャーマンカモミールには消炎作用が期待できるといわれています。

また肌の保湿や調子を整えてくれる効果も期待できるため、

よくスキンケア化粧品に配合されているハーブです。

・お鍋

・茶こし、またはザル

・水・・・300g

・両目を覆えるくらいの大きさのガーゼ、またはやわらかい布

<作り方>

(1)お鍋に水を入れ沸騰したら火を止めて、そこへハーブを入れフタをします。

鍋の熱が取れて冷めるまでそのまま抽出します。

(2)(1)のハーブを茶こしかザルで漉します。

(3)(2)を冷蔵庫で冷やします。

(4)冷えたハーブの抽出液にガーゼ、または柔らかい布を浸して目に当てます。

(5)目に当てたガーゼや柔らかい布が温まる前にはずし、

(4)を数回繰り返します。

ハーブ湿布は、使い切りがおすすめです。

抽出したハーブ液が残ってしまった場合は、

その日の夜、出がらしのハーブと一緒に湯船に入れてハーブ風呂にすると

簡単に使い切ることができます。

出がらしのハーブはお茶パックに入れてからお風呂に使用すると、

あとの掃除がラクチンです。

まぶたが重いと眠そうな印象を与えてしまうもの。日々のお手入れでスッキリ! 明日のパッチリアイを手に入れましょう。


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

実はくすみかも。。

: こんにちは! 大阪は大雨です。 G20も終わり、明日から交通規制も 解消されるはず。。。 本日はお肌のくすみについて お話します♪ ◎美容のお話☝️ あれ? 最近、肌黒くなった? 大丈夫?疲れてない? なんて言われたり、、 失礼しちゃう(;`O´)o もしかすると お肌のくすみが原因かも! お肌の水分不足や 睡眠不足など、ストレスなど。。。 ターンオーバーがスムーズに行われず、 古い角質が残り