• theritzyotsubashi

EGFで若返り!


こんにちは!心斎橋脱毛サロンToRerunです^^

肌の乾燥やシミ、シワなど肌に関する悩みは尽きないものです。 これらの悩みは肌に備わっている細胞を合成する働きが低下することが原因のひとつとなっています。衰えた細胞の働きを活性化するにはどうしたら良いのでしょうか。 そこで注目したいのが、ノーベル賞受賞成分であるEGF。 肌に対して高い働きが期待できることから注目されています。 ここでは、EGFの美肌効果やEGFの効果を引き出すためのスキンケア方法についてご紹介します。

■EGFとは?

肌のために欠かせないEGFの働きとは? EGF(上皮成長因子)は、人間の身体にもともと備わっている

タンパク質の一種です。

EGFには、新しい細胞の成長を促したり、

細胞の機能を整えるなどの働きがあり、肌の細胞がより良い状態を保つために

必要な役割を担っているのです。

ところが、EGFは加齢によって減少してしまいます。 それにより、新しい細胞の成長が滞ったり、

肌のターンオーバーのリズムが乱れたりなど、

皮膚が老化することで肌トラブルが生じるようになります。

●EGFはもともと医療分野で使用されていた

EGFは、1962年に生化学者であるスタンリー・コーエン博士が発見した

タンパク質の一種です。

そのタンパク質の中に、細胞の成長を促す働きがあることを突き止めた博士は、

その功績により1986年にノーベル賞を受賞しました。

EGFは、新しい細胞の成長を促す働きを持っていることから、

もともとは医療分野で傷の再生や回復などに用いられていました。

●EGFは当時とても高価なものだった

EGFの働きが注目されていた当初、1gが8,000円もすることから、

一般に広く使用されることはありませんでした。

しかし、EGFの抽出や生産技術が高まるにつれて幅広い分野での

使用が可能となったのです。

さらに2005年に厚生労働省が、

EGFを化粧品に使用することを許可したことから

(正式名称 ヒトオリゴペプチド-1)、スキンケア製品を通して

EGFを取り入れることができるようになりました。

●EGFはEGFR(上皮成長因子受容体)と結合してこそ機能する

肌の表面に位置する角質層には、EGFを受け取る働きを持つ

EGFR(上皮成長因子受容体)があります。

EGFはEGFRと結合することで、新しい細胞の成長を促したり、

細胞の正常な機能を促す働きを発揮することができるのです。

このことから、過剰にEGFを肌に取り入れたとしても、

EGFRと結合しきれなかった場合には、

余分なEGFが体外に排出されてしまいます。

EGFの驚きの美容効果とは?

●ターンオーバーのリズムを整える

EGFは、新しい細胞の成長を促すことから、

新陳代謝を活性化して肌のターンオーバーのリズムを整えます。

ターンオーバーが整うと、肌内部で生成されたメラニン色素が垢と共に

排出されやすくなるので、シミのない透明感のある肌を

目指すことができるのです。

また、肌の余分な角質が剥がれやすくなるため、

滑らかな肌になったり、化粧水や美容液などが角質層に浸透しやすくなります。

●シワの予防や改善に役立つ

加齢によってEGFが減少すると、肌の老化が進むためシワができやすくなります。 しかし、不足しているEGFを補うことで新しい細胞の成長が促されれば、

シワの予防や改善に役立ちます。

●うるおいやハリのある肌に整える

肌の表面に位置する角層は、角層細胞と細胞間脂質で構成されており、

水分と油分のバランスを保つことで皮膚のバリア機能が十分に

働けるようになります。

しかし、細胞の成長が滞ることで皮膚のバリア機能が低下すると、

肌が乾燥しやすくなり、外部の刺激に弱くなってしまうのです

EGFには細胞の機能を正常化する働きがあることから、

皮膚のバリア機能を整える効果が期待できるため、

うるおいやハリのある肌を目指すことができます。

EGFを使った効果的なスキンケア

●品質の良いEGFのスキンケア製品を選ぶようにする

EGFを使ってスキンケアをする場合には、品質が良く自分の肌に合うものを

選ぶことがポイントです。

美容成分のEGFの正式名称はヒトオリゴペプチド-1なので、

この名称が表記されているかどうか確認すると良いでしょう。

●洗顔後にすぐに肌につけるようにする

通常美容液は、洗顔後に化粧水で肌を整えた後に使用することが多いです。 しかし、EGF配合の美容液の場合、化粧水で皮膚を覆ってしまうとEGFが角質層に浸透するのを妨げてしまうので、できるだけ洗顔後にすぐに肌につけるようにしましょう。(化粧水に浸透を促す作用がある場合は異なります。)

また、過剰にEGF配合の製品を使用しても、余分なEGFは外に排出されてしまうため、品質の良いものを適量使用することが大切です。

●EGFとFGFを一緒に使うようにする

EGF(上皮成長因子)とFGF(線維芽細胞増殖因子)はどちらも成長因子で、

EGFは細胞の活性化を促し、FGFは肌の弾力に欠かせない

コラーゲンやエラスチンの生成を促します。

これらを一緒に使うことで、肌に備わっている働きをより高める

効果が期待できます。

これらの成分が一緒に配合されたスキンケア製品を、洗顔後の清潔な肌に使用するようにしましょう。


0回の閲覧