• theritzyotsubashi

日焼け止め効果半減するNG使用法とは…


こんにちは!

紫外線量が強くなる季節は、日焼け止めをしっかり塗って

外出している方も多いはず。

しかし、塗り方やアイテムの選び方を間違うと、

その効果が半減してしまうことも……。

せっかく日焼け止めを使うのならば、正しい塗り方や選び方を知りたいですよね。

今回は美容ライターの筆者が、日焼け止めの効果をきちんと

発揮させるためのテクニックを2つご紹介します。

日焼け止め成分は2種類ある!そのメリット&デメリットとは

日焼け止めに含まれるている成分(UVカット剤)には、主に2種類あります。

それぞれにメリット、デメリットがあるので、しっかり把握しておきましょう。

(1)紫外線散乱剤

紫外線を肌の表面で散乱させる、つまり跳ね返すことによって、紫外線から肌を守ってくれます。

紫外線散乱剤を使ったタイプの日焼け止めは、白浮きするのが特徴。しかし、肌への負担も少ないというメリットも。

(2)紫外線吸収剤

紫外線を肌の表面で取り込み、エネルギーに変換して放出することで紫外線から肌を守ってくれます。白浮きして見えないので、自然な仕上がりになりますが、肌へのダメージが大きいので刺激に感じる方も多いようです。

どちらのタイプがいいのか、自分の肌状態などを見ながら選択することが大切です。

タイプによって選ぶこと

スプレータイプやジェルタイプなど、日焼け止めにもさまざまな種類があります。好みのテクスチャーや用途が人それぞれ違いますので、

「こういうシチュエーションのときには、絶対このタイプの日焼け止めがいい!」と断言はできません。

しかし、それぞれのタイプの特徴を知ることで、快適に使うことができます。

(1)乳液タイプ

サラッとしていて伸びがいいため肌への負担が少なく、

敏感肌の方にもオススメです。

(2)ジェルタイプ

水分たっぷりでサラサラとした使用感が特徴。

日焼け止めによる“ベタつき”が気になる方にはオススメのタイプです。

しかし、“紫外線吸収剤”を使用していることが多いため、人によっては刺激となる場合もあります。できるだけ敏感な顔への使用は避け、

体に使用することをオススメします。

(3)スプレータイプ

手を汚すことなく使用できますので、簡単に日焼け対策ができるタイプです。

また、手の届きにくい背中や、紫外線で傷みやすい髪にもつけやすいのが

嬉しいところ。

しかし、ムラになりやすいデメリットもあるので、

乳液タイプやジェルタイプの日焼け止めと併用して

使用することをオススメします。

スプレータイプの日焼け止めは外出中の塗り直しに便利です。

「最適なタイミング」で日焼け止めを塗る

日焼け止めを“外出の直前”に塗っていませんか? 

それでは効果が半減してしまいます!

というのも、紫外線吸収剤を使った日焼け止めの場合、

塗った直後は肌にまだ浸透していないので効果が弱いためです。

日焼け止め効果が発揮されるのは、肌に塗った30分後といわれているので、

外出する30分前には塗ってくださいね。

日焼け止めの種類と“効果的な塗り方”を紹介しました。

商品のパッケージをよく読んだり、テスターで試したりしながら、

ぜひご自身に合ったアイテムを見つけてくださいね。


13回の閲覧