• theritzyotsubashi

毎日ごきげんな「穏やか美人」でいるために


こんにちは!心斎橋脱毛サロンToRerunです!

アラサー世代は、裁量の大きな仕事を任されることが増えたり、

プロジェクトチームのリーダーなどを務める機会も増えてくるお年頃。

やりがいが大きい分、プレッシャーも大きいのが事実。

なかなか思うように進まないこともあるでしょう。

でもできれば、イライラせずいつも笑顔で過ごしたいものですよね。

そこで今回は、毎日をごきげんに過ごせる「穏やか美人」になるために

オススメな栄養素と食材についてご紹介します。

●イライラを抑えるにはカルシウムが不可欠!

強い骨や歯を作るのに欠かせない「カルシウム」。

実はカルシウムには、精神を安定させる働きや、

脳や神経系を穏やかに保つ働きも期待されています。 私たちの体内にあるカルシウムの9割以上は骨や歯に含まれていますが、

少量は全身をめぐる血液や、代謝を行う筋肉などにも含まれています。

血液は細胞のすみずみまで栄養を運びます。

血液中のカルシウムが不足してしまうと、

細胞にカルシウムが届かなくなり、イライラしやすくなるといわれています。

●カルシウムを多く含む食材とは?

牛乳、プレーンヨーグルト、プロセスチーズ、納豆、小松菜、大根の葉、切り干し大根、水菜、もめん豆腐、ちりめんじゃこ、乾燥桜エビ、干しエビ、丸干しイワシなどに多く含まれています。

特に牛乳のカルシウムは身体への吸収率が高いのでおススメです。

●カルシウムはビタミンDと一緒に!

カルシウムは吸収率が低い栄養素のひとつ。

身体への吸収率を上げるためには、カルシウムの吸収をサポートする

ビタミンD(魚類に多く含まれる)や、

カルシウムを骨に取り込むのをサポートするビタミンK(緑黄色野菜に豊富)

をあわせて摂るのがおススメです。

●マグネシウムもしっかりと!

アーモンドやカシューナッツ、玄米ごはん、そば、ゆで大豆、

豆乳などに多く含まれる「マグネシウム」。

実はマグネシウムもカルシウム同様、強い骨や歯を作るのに欠かせない栄養素。

そして神経伝達機能をサポートする働きもあります。

イライラ症状を抑えるには、カルシウムと合わせてマグネ

シウムも積極的に摂るのがおススメです。

いかがでしたか? 

春から新しい環境になって、仕事の内容が大きく変わる……

という人もいるかもしれません。仕事に慣れるまではストレスも溜まりがち。

カルシウムやマグネシウムが豊富な食材を上手に取り入れて、

イライラ知らずの穏やか美人を目指しましょう!


3回の閲覧