• theritzyotsubashi

「綿棒」を使ったメイク直しの神テク3つ


こんにちは!心斎橋脱毛サロンToRerunです!

外出先で必ず気になってしまうのが、“メイクの崩れ”。これからの季節は特に、皮脂・汗によってメイクが崩れやすいため、便利な“メイク直しアイテム”をバッグに忍ばせておきたいもの。

そこでオススメなのが、いろんなパーツのメイク直しに大活躍する綿棒。

■1:シミ・くすみが目立ってきたときに使用する

シミ・くすみ隠しとしてコンシーラーを使っていた部分が、皮脂や汗によってヨレたり、取れてしまったり……。そんなときには綿棒を使用しましょう。

コンシーラーを気になるシミ・くすみへ“チョン”とのせ、綿棒でファンデーションとなじませましょう。

■2:眉毛が消えているときに使用する

せっかく描いた眉毛が、いつの間にか消えている……。

そんなとき、再び眉毛を描き足したいときも綿棒が大活躍!

眉尻をアイブロウペンシルで何度も描き直すと、眉付近のベースメイクがとれてしまう可能性もあります。ピンポイントで修正できる綿棒を使えば、

一度で不要な眉メイクをキレイに整えることができます。

また、眉全体の印象を美しく見せるためには、“眉下のアウトライン”が重要です。眉毛を描いた後、綿棒でスーッと眉したをなぞり、ムダな部分をとり除けば、キレイなアウトラインが完成するのです。

■3:マスカラが滲んだときに使用する

パンダ目”になったときも綿棒を使用しましょう。

使い方は、下まぶたについたマスカラを拭きとるだけ。

しかし、パンダ目になってから時間がかなり経過している場合は、

綿棒だけでキレイに拭きとれないことも。

そんなときは、普段使用している乳液を綿棒に付けると、クレンジングの

代わりになり何度もゴシゴシすることなく拭きとることができます。

乳液は小さなケースなどに入れて常備しておきましょう。

また、乳液を使用した後は、必ずパウダリーファンデーションやルースパウダーなどを上から付けましょう。

乳液をそのままにしておくと、乳液の“油分”で再びパンダ目を引き起こしてしまう可能性があるからです。

外出中でも、綿棒を使えばメイク直しもパパッと完了します。

ぜひバッグに入れておいてキレイをキープしてくださいね。


0回の閲覧