• theritzyotsubashi

新生活には栄養満点な5つの常備食材


こんにちは!心斎橋脱毛サロンToRerunです!

4月に新生活をはじめられる人も多いですよね。

新たな環境の変化はわくわくするものですが、

その一方でストレスや疲れをためやすい時期でもあります。

疲れすぎてご飯をしっかり食べる余力もない……

なんてことになる人もいらっしゃいます。

そこで今回は新生活のしっかりご飯を叶えてくれる優秀食材を5つご紹介します。手軽に食べられるものばかりなので忙しくても負担になりません。

冷蔵庫に常備しておいて体調管理に役立てましょう。

■納豆

優秀なタンパク源である他、若返りのビタミンとの別名をもつ「ビタミンE」や

エネルギー代謝をサポートしてくれる「マグネシウム」、

女性が不足しがちなミネラルである「カルシウム」、

むくみ改善予防になるカリウム、ニンジン1本分の食物繊維などなど、

栄養満点の納豆。

手軽に食べられるのが嬉しいですよね。 購入したものの、外食などが多くて賞味期限までに食べきれない……。

という時はパックのまま冷凍してもOK! 

冷蔵庫で自然解凍すれば食べられますよ。

■ヨーグルト

肌荒れの原因ともいわれている便秘。女性に多いですよね。

肌荒れは、便秘によって腸内で繁殖した悪玉菌などの毒素が腸壁から吸収され、

肌へと運ばれることから起こると考えられています。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には腸内環境を整える働きがあります。

「乳酸菌+食物繊維+オリゴ糖」の組み合わせは腸内環境を整える

最強の組み合わせ。ヨーグルトだけ食べてもいいですが、

便秘がちの人はバナナやはちみつなどと組み合わせて食べてみるといいですね。 しかし、ヨーグルトによって整えられた腸内環境は食べるのをやめると

元に戻ってしまうそうです。

手軽に食べられるので毎日の健康習慣にしたいですね。

■バナナ

まな板と包丁を出さずとも食べられるバナナは

朝の手軽な栄養補給食材としておススメです。

むくみ予防の働きがある「カリウム」をはじめ、

糖質の代謝を助ける「ビタミンB1」や皮膚や髪をつくり脂質の代謝を助ける

「ビタミンB2」、コラーゲンの生成と保持に欠かすことのできない

「ビタミンC」なども含みます。

ズボラだけど健康管理はしっかりとしたい人は常備しておきましょう。

■卵

完全栄養食ともいわれるほど栄養たっぷりの卵。

賞味期限が比較的長く、個数も少量から売っていますし1人暮らしでも

持て余すことはないでしょう。

卵に含まれる「レシチン」には「コリン」と呼ばれる成分が含まれていますが、

コリンが脳を活性化させることで脳組織の老化防止が期待されます。

コリンを多く摂取したところ、学習能力が25%アップしたという研究もあるのだそう。脳内のレシチンが不足すると、集中力がダウンしたり、記憶力が低下することもあるのだそうですよ。仕事をバリバリしたい人は常備するようにするといいですね。

■アボカド

美容にこだわりがある女性におススメの常備食がアボカドです。

若返りのビタミンとの別名があるビタミンEを含むので

アンチエイジングにも◎!

半分に切りフォークの背でペースト状にしてオリーブオイルと塩、

レモン汁だけでいただいても美味しいですよ。

朝食の他、お酒の簡単なおつまみになります。

栄養価は高いですが、カロリーもあるので一度に食べる量は

半分を目安にするのがいいでしょう。

体を支えるしっかりご飯で新生活をより楽しく過ごしましょう。


0回の閲覧