• theritzyotsubashi

次にくる雑穀はコレ!?


こんにちは!心斎橋脱毛サロンToRerunです!

キヌアやアマランサス、もち麦などの雑穀がブームですね。

糖質オフダイエットも流行っていますが、

日本人ですからやっぱりご飯が食べたいものです。

白米に混ぜて炊くだけで、食物繊維やビタミン、ミネラルがグッとアップする雑穀は、美容と健康を気遣いながらも美味しくご飯が楽しめる助っ人食材。

なかでも「黒米」は、ポリフェノールが豊富で、

美容にもダイエットにも役立つ雑穀です。

今回は、黒米の嬉しい美容効果と、炊き方のコツについてお話しします。

■「黒米」でケアできること4つ

(1)目の健康に

黒米の黒は、アントシアニンの黒。アントシアニンは強い抗酸化力があり、

目の網膜を紫外線やブルーライトから守る働きがあります。

PCやスマホ、LED電球など、私たちの目は常にブルーライトに

さらされています。

ブルーライトは紫外線に次いで強いエネルギーを持つ光で、

眼精疲労の原因になるといわれていますから、

日頃から目が疲れやすい方はブルーライト対策も心がけたいですね。

(2)ダイエットに

アントシアニンは、目の健康を守るだけではありません。

一緒に食べたものの糖や脂肪の吸収を穏やかにして、

内臓脂肪の蓄積を抑える働きが期待されています。

(3)むくみに

白米にミネラルは殆ど含まれていません。

一方、黒米にはマグネシウム、鉄、カリウムなどのミネラルが含まれています。

私たちの身体の水分バランスは、カリウムとナトリウムによって保たれています。外食が多かったり、濃い味が好きだったりで塩分過多の傾向にあると

、ナトリウムが増えて水分バランスが崩れるため、

ご飯でカリウムを補えるのはうれしいですね。

(4)腸内環境美化に

黒米は、白米に比べて食物繊維も豊富です。食物繊維は、善玉菌のエサとなったり、腸のぜん動運動をうながすなど、

腸内環境美化のために欠かせない成分ですから、しっかり摂りたいですね。

■黒米の炊き方

黒米の場合、玄米のように一晩吸水させる必要はありません。軽く洗って、時間があれば1~2時間吸水することをお勧めします。時間がない場合には、白米と一緒に30分程度吸水させれば、やわらかく炊き上がります。

■混ぜる目安

お好みの分量を混ぜていただいてかまいませんが、炊き上がったご飯が紫色になるので、あまり多く混ぜると驚いてしまうかも知れません。最初は、白米1カップに15g~30gを混ぜて炊いてみましょう。お赤飯のような香りと、プチプチとした歯ごたえのあるご飯が炊きあがります。

食べものからの体質改善は、毎日続けることが大切です。美味しく食べて、

美容と健康に役立つ黒米を、毎日の食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。


0回の閲覧