• theritzyotsubashi

ノーストレスな食事制限


こんにちは!心斎橋脱毛サロンToRerunです!

食事量を減らすものの、結局は我慢できずに元通り食べる……を

繰返していませんか? 

食事の増減を繰り返すのは、体によくないのはもちろん「痩せなきゃ!」と

思い続けるのは精神的にもよくありません。

食事制限をクセ付けるコツ&増減を繰り返さないポイントを5つご紹介します

■1:満腹中枢が肝心!とにかく「よく噛む」

食事制限をするにあたって、ぜひとも味方に付けたいのが“よく噛む”こと

“早食いは太る”とよくいわれますが、しっかり噛まずにバクバク食べてしまうと、満腹中枢が刺激される前に食事を食べ終わってしまうため

「なんか物足りないなぁ」と、ご飯をおかわりしてしまったり、

デザートを追加してしまったりしてしまうでしょう。

満腹中枢が刺激され始めるのは、

食事を開始してから約20分経ってからといいます。

食事の時間を延ばすには、食べ物が口の中で噛めないほど細かくなるまで、

最低でも30回は噛むようにしましょう。食材の味もしっかり感じるようになり、慣れてくると違和感なく噛めるようになりますよ。

■2:炭水化物は昼までに食べる

食事制限の定番といえば、炭水化物抜きダイエットですよね。白米や麺類大好き筆者もこれが一番辛いです……。

しかし、三大栄養素である炭水化物の抜きすぎは、

実はあまり体によくありません。

脳や体のエネルギー源になるため、少しは炭水化物も摂りたいところ。

そこで筆者は、ダイエット中の炭水化物は、

朝or昼までに食べ終えるようにしています。

一日の活動でエネルギーとして消費されるため、

夜に食べなければそこまで太る心配はありません。

■3:空腹感は汁物&野菜で満たす

食事制限をすると、どうしてもお腹が空いてしまいますよね。空腹に絶えられず、間食をしてしまっては元も子もありません……。

そこでおすすめなのが、食事量を減らした分の穴埋めに、汁物やサラダ、キノコ、海藻など、低カロリーで栄養価が高いものをたっぷりとプラスすること。メインのおかずの前に食べれば、これだけでもかなりお腹が膨れます。

汁物はその水分でお腹が膨らみ、かなり満足感が得られますよ。

■4:野菜だけはNG!たんぱく質もしっかり摂って

また、赤身肉や鶏ささみ、いわしなどのたんぱく質も積極的に摂りましょう。

赤身肉の中でも羊の肉は、脂肪を燃やすL-カルニチンが豊富で、

ダイエットを助けてくれる食材です!

また、“野菜だけを食べるダイエット”などの偏った減量法は、

リバウンドをしやすいため、たんぱく質もしっかり摂り入れてバランスのいい

食事を心がけましょう。

■5:減量スケジュールを立てる

なんとなくダラダラと食事制限を続けてしまうと、

ダイエット成功の道は遠のくばかり……。

例えば、ボクサーが試合前に体重を調整するように、

食事制限のスケジュールをしっかり立てていきましょう。

(1)成功するかは計画次第!

まず考えたいのは、“いつまでに何kg痩せたいか”をきっちり決めていくことです。例えば、“2週間後のイベントに合わせて1.5kg。炭水化物は一日一食にする。夜8時以降は食べない”などです。

また、手帳やスマホのアプリを使って体重と食べ物を記入する“レコーディング”も効果的です。

(2)飲み会や女子会はどうすればいい?

普通に生活をしていれば、上司との付き合いや女子会など

「私は食事制限中なんで食べません……」なんて言えない状況もたくさん

ありますよね。その場合は、二日以内に調節しましょう。

例えば、今日の夜に会食があるならば、朝と昼は野菜とたんぱく質のみの

食事にする。前日に食べすぎたら、翌日の食事量を少なくするなどです。

ストレスを溜めないように、食事の予定があるときは思いっきり

楽しむのもダイエットのコツですよ。

半年以上の長期に渡ってダイエットをする場合は“炭水化物を一切摂らない!

”といった極度の食事制限は危険です。リバウンドもしやすくなるため、

緩やかに体重を落としていきましょう。


0回の閲覧