• theritzyotsubashi

こんにゃくダイエット


こんにちは!心斎橋脱毛サロンToRerunです!

ローカロリーで食物繊維たっぷりの、日本が誇るヘルシー食材の代名詞「こんにゃく」。

なんと江戸時代から「おなかのお掃除役」として、

広く親しまれているのは御存知でしたか?

板こんにゃく1枚で、摂取カロリーはたったの21kcal。

にもかかわらず、多くの効能が認められています。

腹もちの良さや便秘解消、脂肪やコレステロールの抑制、

糖尿病予防やデトックス効果など…ダイエッターを強力にサポートしてくれる、

夢のような食材です!

そんな、おなじみの伝統食材である、こんにゃく。

あなたも、もうダイエットに活用されていますか?

もし、やり方がわからず使っていないなら…とっても、もったいない!

今回の記事では、こんにゃくダイエットの効果的な成分や実践方法、上手に続けるポイントをご紹介します。ぜひこの機会に、こんにゃくダイエットをマスターしてみましょう!

こんにゃくのダイエット成分、秘密はコレ!

こんにゃくの主なダイエット成分は、以下の3つです。

食物繊維

実は、食べてから大腸に届くまで、ほとんど消化されずに原型を留めているほど、強力な食物繊維なんです。そのため、便のかさが増し、排便のサインが早めに送られるため、便秘解消につながります。

腸内環境も改善するので、気になる下腹のポッコリも解消できます。

また、消化されづらいことで満腹感も感じやすく、腹もちの良さも魅力的。カロリーを気にせず食事を楽しめます。

カルシウム

こんにゃくに含まれているカルシウムは、消化吸収に優れています。

カルシウムが不足すると、脂肪をためこみやすくなるので、ダイエット効果を上げるためにもカルシウムは重要です。

低糖質

こんにゃくに含まれている糖質は、100gあたり約0.2g。ほとんど含まれていません。

糖質制限ダイエット中の方も、安心して食べることができます。

その他のうれしい成分として、こんにゃくには美肌効果のある「セラミド」が

含まれています。

痩せられて美しくなるなんて、理想的なダイエット食材ですよね!

食物繊維は腸の働きを活性化し、デトックス効果を高めます。

コレステロールを下げてくれるので、生活習慣病予防にも役立ちますよ。

こんにゃくは「グルコマンナン」が有名ですが…

こんにゃくと言えば、ほとんどの方が「グルコマンナン」を連想されるかと思います。

ですが、実は別物。

グルコマンナンは水溶性の食物繊維。

水に溶けると、ねばってドロドロになります。

脂肪や糖分の吸収を抑制したり、有害物質を排出する作用があります。

こんにゃくの原材料である、こんにゃく芋の段階ではグルコマンナンが含まれています。

しかし、こんにゃくに加工する際の凝固剤(水酸化カルシウムなど)を使うと、

性質が変わってしまいます。

凝固剤で固めることで、水溶性食物繊維であるグルコマンナンから、

不溶性食物繊維のこんにゃくに変わるのです。

私たちが普段食べているこんにゃくには、グルコマンナンは含まれていません。

その代わりに不溶性食物繊維が含まれている…と覚えておきましょう。

とってもカンタン!こんにゃくダイエットの実践方法

こんにゃくダイエットの実践方法は、以下の3つです。

1.食事の30分前にこんにゃくを食べる

こんにゃくを食べると満腹感を得られるので、食べ過ぎ防止につながります。

2.メイン料理か主食を3食のうち1食はこんにゃくにする

カロリーを抑えるために、炭水化物を減らして、こんにゃくで代用しましょう。

3.こんにゃくを使ったおやつを食べる

おやつはヘルシーに、こんにゃくゼリーや飲料を取るようにしましょう。

これらを、自分の生活に合わせて取り入れていきましょうね。

注意点として、こんにゃくのみ食べる単品ダイエットは、栄養が偏るのでNGです。

いつもの煮物や炒め物を作る際に、野菜や肉・魚などと一緒に調理するのが理想的。

また、こんにゃくの食べ過ぎには要注意!

1日あたりの適正摂取量は約250g。市販の板こんにゃく1枚が目安です。食べ過ぎると腸が詰まり、腸閉塞になるおそれがあります。そして、必要なビタミンなどの栄養素の吸収も抑えてしまいます。

適量を食べているうちは問題なくダイエット効果を発揮してくれるので、くれぐれも食べ過ぎには注意しましょうね。

こんにゃくはローカロリーでお手頃価格。

他の食材と置き換えるだけで、お財布にも優しく、

無理な食事制限をしなくても良いのが、とっても嬉しいですよね。

カロリーカット、コストカット、ストレスカットで、楽しく続けていきましょう!


2回の閲覧