• theritzyotsubashi

「ゆる食事制限」


こんにちは!心斎橋脱毛サロンToRerunです!

ダイエットの定番でもある食事制限といえば、

“炭水化物抜きダイエット”や“甘いものは禁止”など。

食べることが大好きな女子にとってはツライものばかり……。

「運動をする気力もないし、ご飯を減らすのが手っ取り早い!」と、

何度も挑戦してみるものの、結局続かずにリバウンドを繰り返してしまうと

嘆いていませんか?

1、 9時以降は食べ物を口にしない 

“夕方6時以降は食べない”というダイエット法。

でも実際はこの時間、仕事中だったり、これから食事だったりしますよね。

そこで、ゆる食事制限では夜の9時までに食事を済ませるという設定にしましょう。

「夜の9時以降なんて、痩せないんじゃない?」と思われがちですが、

9時から寝るまで水とお茶以外何も口にしないと、意外と空腹になります。

特に、生活習慣が乱れがちな方ほど効果あり!

習慣にすることで、深夜の暴飲暴食を少しずつ抑えることができます。

2、必ず汁物を先に飲む

食事のメニューに汁物を用意し、はじめにゆっくりと飲み干しましょう。

最初にお腹に水分を入れることで満腹感が得られ、

普段より少ない食事量でも満足しやすくなります。

野菜入りのものを用意すれば、咀嚼(そしゃく)回数も増えて、

さらに満腹感が得やすいでしょう。

また、油ものを食べる前に胃腸に水分のバリアを張ることで、

脂肪の吸収を緩やかにしてくれるそうですよ。

ただし、日本料理の食事のマナーを考えると一品を先にすべて食べてしまうことは、

あまり好ましくありません。人前で和食を食べる際は、控えてくださいね。

3、いつもより+5回多く噛んで

簡単なことのようで、意外とできないのが“よく噛む”ということ。

改めて意識をしてみると「5回しか噛んでいない!」なんてことも多いのでは?

回数を多く噛むことは、消化をよくするのはもちろん、

食事時間を長くすることで満腹感を得やすくなります。

理想の咀嚼回数は30回といわれますが、忙しい日常ではなかなか

ゆっくり食事をすることもできないですよね……。

そんな場合は、いつもより5回多く噛むだけでもいいので、

よく噛んで食べる習慣をつけましょう。

満腹中枢が働くのは、食事開始から約20分後。

少ない食事量だと満足しないという方は、噛む回数が少なく早食いをしている

可能性があるので、自分の咀嚼回数を確認してみましょう。

4、デザートを食べるなら食事の30分前

「スイーツ抜きの生活なんて!」と、甘いものが欠かせない方は、

食後のデザートを食前に変えましょう。

食事の前に、血糖値を上昇させることで満腹中枢が刺激され、

「お腹いっぱい」と感じる時間を早める効果が期待できます。

満腹感を感じ、食事全体の量を減らすことができれば、

さらにダイエット効果が得られます。

注意したいのは、“デザートを食べる時間”です。

食事の30分以上前ではせっかく上がった血糖値も下がってしまい、

食事をする頃には再び空腹を感じてしまうことが。

また、満腹中枢を刺激するまでの時間が少ないため、直前に食べるのも避けましょう。

食べたい欲をガマンして抑えてしまうとストレスになってしまい、

暴飲暴食して太ってしまうこともあります。

食事制限をする場合は力を入れすぎないで、

体に無理をかけないことがダイエット継続のコツですよ。


3回の閲覧