• theritzyotsubashi

メラニンの蓄積


こんにちは! 心斎橋脱毛サロンToRerunです^_^

夏が終わり、紫外線も弱くなってきたからと安心している方も多いようです。

しかし乾燥によってもメラニンは蓄積されてしまうことをご存知でしたか?

今回は、改めてメラニンがどういうものなのか、

さらにメラニンの蓄積を防ぐための方法についてご紹介します。

メラニン=シミ・肌を黒くするというイメージを持っている方も多く

メラニンは悪いものだと思っている方も少なくないはず。

しかしメラニンは外線などの刺激が肌内部に

侵入し細胞核を傷つけるのを防ぐという役割があります。


つまりメラニンそのものは悪いものなわけではなく、

体にとっては大切な存在でもあるのです。

しかしシミの元であるメラニンは様々な原因によって黒化していきますよね。


特に、細胞核を直接攻撃する紫外線の影響が大きいため

夏の強い紫外線を浴びると肌が黒くなってしまうのです。

また、紫外線がメラニンを作るメラノサイトを刺激することでも、

メラニンは作られてしまいます。

本来であれば、過剰に作られたメラニンは、

肌の生まれ変わりであるターンオーバーによって排出されるのですが、

乾燥などの影響を受けその周期は乱れてしまいます。

通常ターンオーバーは約28日周期で行われますが、

ターンオーバーの周期が遅くなればなるほどメラニンは蓄積されていきます。

メラニンを蓄積させずに排出していくためには、

ターンオーバーが正常に行われることが大切となります!!


ターンオーバーを乱す原因は様々ありますが、一番大きな原因としては乾燥です。

なのでたっぷりの化粧水で肌に潤いを与え、

乳液で水分が逃げないように蓋をしてあげましょう。


また、クリームで栄養を与えることでも、ターンオーバーを正常にすることができます^_^

この冬にもしっかりとシミ対策を行って綺麗な肌を保ちましょう!!


4回の閲覧

最新記事

すべて表示

目の下のクマ

【クマの悩み】 最近、目の下の クマにお悩みの方が多いです - スマホの普及やSNS、YouTubeなど現代の人間は目を使う事が多くなってきました - 目を一点に集中して使う事により、目の疲れや寝不足など。。 血液の循環が悪くなっています - あとはメイクが残っていたり こすったりする摩擦など - 様々な原因があげられます - ここで1つやって欲しいこととしては、蒸しタオルと保冷剤を用意して頂き、