• theritzyotsubashi

寝る前に塗るのはNG!?


こんにちは!心斎橋脱毛サロンToRerunです^^

乾燥しやすいこれからの時期は、リップクリームが手放せない!

という女性も多いかと思います。

しかし、ここで見直したいのがリップクリームの使い方。

使い方によっては、唇のトラブルを招く原因になってしまうことも!

唇のトラブルを招くリップクリームのNG使用法3つ

(1)寝る前にリップクリームを塗る

唇の保湿のため、寝る前にリップクリームをつけて寝る人も多いかと思います。

しかし、この行為はNG。

リップクリームに含まれる油分のせいで唇が荒れ、乾燥の原因になることも!

口紅同様、リップクリームも寝る前にしっかりクレンジングをする必要があります。

寝る前に唇の乾燥が気になった場合は、乳液を軽くなじませたり、睡眠時も使用可能なナイト用のリップクリームを使用したりするといいです。

(2)リップスティックを唇にグリグリ押し当てる

スティックタイプのリップクリームは、気温が低いと固くなってしまうこともあります。

そんなとき、スティックを無理に唇にグリグリ押し当てるのはNG。

唇表面が傷つき、乾燥しやすくなってしまうこともあります。

また、唇を摩擦することで色素沈着の原因になることがあります。

リップクリームが固くなっていた場合は、

あたたかい場所でやわらかくしてから使用したり、

固くなりにくいチューブタイプのリップクリームを使用したりするといいでしょう。

(3)塗ったあとに唇同士をこすり合わせる

リップクリームを塗ったあとに、上唇と下唇をこすり合わせる女性は少なくありません。

しかし唇はデリケートなパーツなだけに、摩擦が刺激となって

唇の荒れや色素沈着を招いてしまうことも。

塗ったあとは唇同士をこすり合わせないようにしてくださいね。

上、逆効果を招くリップクリームの使い方NG習慣をご紹介しました。

これらを参考に、プルッと魅力的な唇をキープしてくださいね。


9回の閲覧