• theritzyotsubashi

食べる日焼け止め


こんにちは!心斎橋脱毛サロンToRerunです^^

太陽から肌を守るためにできることは日焼け止めなどの

外側からの対策以外にもあるんです。

たとえば食生活。特定の栄養を摂取することで日焼けを軽減し、

肌を守ることができます。

“食べる日焼け止め”食材をご紹介します。

■“食べる日焼け止め”食材3つ

日焼けすると活性酸素が発生するので、抗酸化作用のあるビタミンA、C、Eを

食べると良いといわれています。

その他にアンチエイジング効果が高いといわれているコエンザイムQ10、

シミの原因となるメラニンの生成を抑制してくれるリコピン、

日焼け止め効果のあるケルセチンも大切です。

これらがしっかりと摂取できる優秀食材をご紹介したいと思います。

(1)アボカド

アボカドにはコエンザイムQ10が含まれています。

また、“食べる美容液”と呼ばれるほど美容に良い成分がたくさん入っています。

(2)トマト

トマトにはリコピンが含まれていることで有名です。

トマトを食べた後、6〜8時間後に効果が発揮されると考えられています。

朝の日焼けが気になるようなら夜に食べるのがオススメです。

また、加熱したり油と一緒に摂取するとリコピンの吸収率が上がります。

(3)玉ねぎ

玉ねぎにはケルセチンが含まれています。

ケルセチンは玉ねぎの外側の茶色い部分に多く含まれていますが、

ちょっと食べにくいですよね。

しかし、玉ねぎを天日干しすると、玉ねぎの白い部分のケルセチンの量が増えます。

玉ねぎの皮をむいて1週間くらい日光にあてるとケルセチン量が3倍くらいになります。

紫外線は外からガードするものだと思っていた方も多いのではないでしょうか? 

しかし、食材で取り入れて体の内側からケアしておけば、

「日焼け止め、塗り忘れた!」というときにも、慌てずに済みます。


0回の閲覧