• theritzyotsubashi

クレンジングの種類


心斎橋脱毛サロンtorerunです(^^)

今日は、クレンジングについて紹介します。

そもそもクレンジングは、化粧品の油性成分を

落とすために作られています。

石けんなどではこれは落とすことができません。

しかし、製造の過程で油分を水と溶かすために

入れている界面活性剤は肌にとって刺激が強く、

ときにはダメージになってしまいます。

クレンジングにも様々な種類がありますが

メイクの濃さを基準に選ぶのが簡単です。

メイクオフ力が強いものから

◎オイルタイプ

◎クリームタイプ

◎ジェルタイプ

◎ミルクタイプ

となっており、メイクオフ力が強いものには

油分が多いので界面活性剤が多く含まれており

肌への刺激も強いことになります。

オイルタイプはオフ力が強いですが肌へのダメージが

大きいので濃いめのメイクをした日に使いましょう。

ミルクタイプは肌へのダメージが少ないですが

落とすまでに時間がかかってしまい肌をたくさん

こすってしまってダメージになる可能性もあるので

日常使いではクリームタイプがオススメです。

自分の肌に合ったものを選んでください。

また、お湯の温度は35〜36度と、

人肌の温度に近い温度で洗いましょう。

シャワーの水圧は表面の潤いを剥がしてしまう恐れがあるため、

必ず手で洗顔してください。

またクレンジング効果のない洗顔料にも

界面活性剤が含まれていることが多いので

お休みの日など、メイクをしなかった日は

ぬるま湯で表面の皮脂などを優しく洗い落とす程度で十分です。

正しいクレンジング方法と自分に合ったクレンジング剤で

美肌を手に入れましょう!


0回の閲覧